building

building

2013年8月21日水曜日

期間入札とは

不動産競売の主な売却方法です。裁判所が決めた指定期間中に入札を行い、期間終了後の開札日にまとめて落札金額の確認をして、開札日に落札者を決めます。

競り売りやオークションといった言葉から連想されるような、入札金額について声が飛び交いその場で落札者が決まるような競売ではありません。他の入札者が誰なのか、入札金額はいくらなのか、といった競売の競合者については一切わからない状態で、自分の希望金額を一度だけ入札するルールになっています。

なお、期間入札の情報が公開されることを「期間入札の公告」と言い、入札開始日の約3週間前に競売対象物件とその資料が閲覧できるようになります。資料はいわゆる3点セットのことを指します。