building

building

2013年8月17日土曜日

残置物とは

多くの競売物件では前所有者の物品がそのまま残っています。これが残置物です。空室の物件は現況調査報告書の写真の物品がそのままありますし、現況調査時点で前所有者が居住していた場合でも、前所有者は退去時に不用品を処理するお金がないので多くの物品が物件内に放置されます。

買受人、つまり落札者は物件内に放置された残置物は邪魔なので処分をしたいのですが、勝手に処分をすると後に前所有者から訴えられてしまうリスクがありますので、適切な対応を行ってから処理を進めないといけません。

一番スムーズなのは前所有者に残置物を撤去してもらうことですが、前述のように競売になってしまうほどお金に困っているので、ほとんど期待はできません。実際には落札者側で処理する旨を同意してもらい、動産放棄の書類に署名捺印をもらうことが多いです。こうしたやり取りができない場合は裁判所で手続きをして明渡執行を進めることになります。